大都会のビル

資金に見合った投資

5月 21st, 2014

三角屋根の家

不動産担保ローンによって不動産投資ように資金が借りられるとしても、都市部では土地の価格が億を超えることも少なくなく、一軒家を建てる資金の確保はなかなか容易ではありません。

しかし、マンションの1室であれば、数千万円からの購入も可能であり、近年はマンションを購入し、賃貸するという不動産投資を行うケースが非常に増えています。

 投資に絶対はありませんから、リスクも当然ありますが、前記のように不動産投資の場合は「0」になるリスクが少なく、マンションは生活の本拠となる場所ですから需要も大きく、賃料の変動幅も少ないことから、投資というより、事業・ビジネスの側面が高いと言えるでしょう。

効率的に収益をあげる方法
 投資による収益を効率的にあげるためには、複数の投資商品を活用することが必要になります。マンションの場合にも1軒だけ所有しているよりも、2軒、3軒と所有するようにした方が家賃収入が増加するのが自明の理です。

そうは言っても、先立つ資金がないという人が少なくありません。しかし、既に投資目的で購入したマンションから順調に家賃収入があがっているのであれば、そのマンションを担保にして不動産担保ローンを利用することが可能です。収益物件としてだけでなく、担保物権としても活用するようにすると、効率的に収益をあげることができるようになります。

低リスク

5月 21st, 2014

生活感のある部屋

不動産投資は、居住目的でなく、利益を得る目的で不動産に資金を投下することです。投資した不動産を他人に貸して、賃料収入などを受け取る方法と、その投資した金額以上での売却益得る2つに分かれています。

不動産投資は一般に銀行預金などに比べリスクとリターンが高く、株式投資などに比べリスクとリターンが低めと言われています。

不動産賃貸の場合は賃料の下落や賃借人がないことにより予定していた収入が見込めない場合や不動産の価格が下落してしまったり、場合によっては地震などによって建物が倒壊してしまうリスクを伴います。基本的には土地がある限り価値がゼロになるという可能性は極めて低いという特徴があります。

不動産投資の財源
自己資金ですべての投資金がまかなえる場合は敢えて借りる必要なないですが、土地を購入したり、建物を建てたりするにはまとまった資金が必要です。
そのような時に利用されるのが、不動産担保ローンです。

不動産担保ローンは、保有する不動産を担保にして資金を借りるローンです。クレジットカードやキャッシングなどのローンの場合はその人自身の信用を担保のするローンのため、高額の借金をするのが難しいと言えます。これに対して、不動産担保ローンの場合は担保があるため、個人の信用を超える範囲であっても担保の価値に応じて大きな資金を借りることが可能になります。
最近では、投資ブームにのって、投資物件要のローンも増えて来ました。

様々な投資方法

5月 21st, 2014

部屋と男女

 銀行にお金を預けておいたとしても、ほとんど利息を期待することができないのが実情です。そのために、手持ち資金に余裕のある人は、少々リスクが高めの投資方法に手を出しています。よく見られるのが、株式投資やFX、投資信託などです。

しかし、現在は非常に投資商品の種類が多くなってきていますので、それ以外の方法で資産運用をしているというケースも少なくありません。たとえば、金投資や不動産投資などがそのよい例だと言うことができます。

まずマンションを買う
 不動産投資初心者の場合には、まずマンションの購入から始めてみるのが現実的です。1棟買いするだけの資金を持っていなかったとしても、投資用ワンルームマンションが数多く販売されていますので、土地や一戸建て住宅を購入する場合に比べると割と気軽に手を出すことができます。また、マンション1棟を複数の人で共同購入するというのも一つの方法です。

マンション購入による不動産投資の場合は、転売による利益ではなく、賃貸収入を得ることを目的としますので、借り手がつきやすそうな物件を選ぶことが必須条件になってきます。